買ってよかった2022

ご無沙汰しております。 前回の公開記事が 買ってよかった2021 - asatte だったのですが、あっという間に #買ってよかったもの2022 の季節になってしまいました。

asatte.day

ということで今年全然ブログを書かなかった分も兼ねて、今年のよかったものまとめてゆこうと思います。しばしお付き合いください。

ワークテーブル

出張の合間を縫って今年引っ越したんですが、在宅勤務もそこそこあるし、おそらくそれは今後も変わらないだろうなということでワークスペースを設けることに決め、ワークテーブルを新調しました。

room.rakuten.co.jp

(まだ試行している最中なのでワークテーブル周りの写真はないです……)

仕事といってもほぼPCだけなので、奥行きは60センチあれば十分。天板はサンゲツのリアテックを貼り、椅子の色と合うように調整しました。使っている椅子はこれまで何度もブログに出てきていますが、イトーキのバーテブラ03。

asatte.day

ワークスペースを設けて、ワークとライフがちゃんと家の中で分離できるようになったことが今年一番よかったことかもしれません。元々働くことが苦だったわけではありませんが、より気持ちが楽になったように思います。来年はワークスペースをもっと快適にすることもやっていきたい次第ですが、うっかりすると仕事をしすぎてしまうので、働きすぎないように気をつけつつ……。

ダイニングチェア

ワークスペースを設けることができるようになったので、ワークテーブルとして使わざるを得なかったgreenicheのテーブルがようやく本来のダイニングテーブルとして活躍してもらえるようになりました。テーブルともそろそろ4年近く付き合ってきているので、天板の色がだいぶいい感じに経年変化してきていい感じ。

ということで、久しぶりの椅子探しです。好きな椅子を雑多に集めて楽しい感じのスタイリングにするのも捨てがたかったのですが、材質が揃ってすっきりとしている状態の方がより好ましいと感じたので、テーブルと同じ材質で見た目がすっきりとしているチェアを探しました。

www.instagram.com

楽天ROOMに入れておきます。今は通常価格に戻っていますが、スーパーセールで買ったので予算よりかなり安く買えてありがたい限りでした。

room.rakuten.co.jp

いかんせん実物に触れることなく買ったものだったので、テーブルとの相性*1や座り心地は少し心配だったのですが、結構いい感じです。座面のクッションが結構気持ちよく、なんでもないときにもつい座ってぼんやり過ごしてしまいます。食事の時間をちゃんとしようという気持ちにもなりました。

greenicheのテーブルは辺が短い方*2を使っていますが大人二人向かい合って食事するのには十分な大きさです。コンパクトなダイニングセットになって良し、とニンマリしています。

Artek Stool60

ダイニングチェアが予算を大幅に下回って買えてしまったので、つい勢いで*3スツールも購入しました。アルテックの代名詞的な存在でもあるスツール60です。

www.instagram.com

リノリウムのものが良かったのでスコープ社の別注カラーから選びました。それぞれのカラーについて言葉を尽くしてくださっているので、かなり安心してポチすることができます。ずっと大好きなショップ。

www.scope.ne.jp

届きたてほやほや……。モーヴカラーを選びました。

仮暮らしの気持ちがなかなか抜けず、家具を買うのは普段かなり勇気が必要なのですが、買って数日ですでに買ってよかった2022入りです。今はキッチンに置いて料理中にちょっと腰を下ろすための相棒として居てもらっています。軽くて持って移動しやすく、必要があれば買い足しスタッキングすることができるのは名品たる所以だなと感じますし、スツール60ならこれから先ライフスタイルが変化しても共に過ごしていけそうだなと確信が持てます。

余談ですが、今スコープさんでArtekの家具や照明を一つ買うと、ノベルティでお皿がもらえるみたいでして。私もこのタイミングだったのですが、そのお皿がまた可愛くて……。

23年1月中のお買い物につくノベルティみたいです。

我が家は和食器がほぼないんですが、いつもの食器にもすっと馴染むし、和食器とのつなぎになってくれそうな模様がすてきで、来年は和食器を少し拡充してみたい気持ちになっています。

POLA B.A ディープクリアライザー

家具ゾーンを抜けてもう少し実用の品を。。

前々からわかっていたことではあるんですが、ストレスがもろに肌に出るタイプです。出張が続いたり睡眠不足が続いてくると肌の乾燥がどんどん進んでいき、割と高い頻度で皮むけが起こってしまいます。たしか夏〜初秋にかけてだったと思いますが、ディープクリアライザーのハーフサイズが入る限定キットがPOLAから販売されるということで、サンプル品で良さを十分に知っていたディープクリアライザーを手元に置くことに。

すごく疲れているときや、出張が続いたときに浴室に持ち込んでいます。あとはうっかりスキンケアを忘れて寝落ちた翌朝……。そう思うと結構使っている気がするのですが、まだ半分も使ってないと思う。もったいないと思いつつもそこまでけちって使っているつもりもないので、案外コストパフォーマンス悪くないなという気持ちです。

ジェルクリームのテクスチャも良いし、肌に広げた時の香りの良さがそれだけでも癒されます。でもそれだけじゃなくて、洗い流した後のしっとり具合が本当にすごい。洗顔フォームで顔を洗うと、洗い流して5分もしないうちに肌がつっぱっているような感覚になるのが当たり前だと思っていたので、洗い流した後の手触り感もすごく助けられています。労働のお守りとして来年もよろしくお願いしたい次第です。

B.A ディープクリアライザー - ポーラ公式オンラインストア

コスメデコルテ リポソーム アドバンストリペアセラム

もうすっかりこれなしでは暮らせない、となった美容液。みんな大好きリポソームです。わたしももれなく好きになりました。

あんまり美容液のことを信じていなかったんですが(……)、リポソーム、先行乳液、化粧水、の順でスキンケアを重ねれば、クリームを忘れても翌朝乾燥してえらいこっちゃ、な事態になることは本当に減りましたね。疲れているときに肌まで荒れていると気分が沈んでしまうので、毎日穏やかに暮らせるように使うお金は無駄ではないなとしみじみしました。

リポソーム アドバンスト リペアセラム | DECORTÉ(コスメデコルテ)公式オンラインブティック

無印良品なんかで売っている小さいケースに詰め替えて、出張先にも必ず携行するようになりました。これもやはり来年も労働のお守りとして寄り添っていてほしいアイテムの一つです。いつもありがとうございます。

コスメデコルテ メイクアップコレクション2022 アイシャドウパレット

忘れてたので加筆。またしてもコスデコ。例年クリスマスコフレは買わない主義だったんですが、今年は可愛くてつい予約に走ってしまったコスデコのパレットも、秋冬で随分活躍してくれました。

捨て色が全然ないのもそうですが、マットからキラキラまで一式揃っていて、このパレットひとつで冠婚葬祭もオンオフも全部いけちゃうのではないかと思える万能さが本当に優秀。同じことを去年買ったルナソルのアイカラーレーション(今年もこれは一番使ったパレットだったかも)にも感じていますが、コスデコのパレットは自宅にずっといてほしい存在だなと思います。

トレーニングウェア

2022年はピラティスを習い始めまして、必要に迫られて楽天で勢いよくポチったんですが、思いのほかよかったのがスポーツレギンス。自分で自分の動きをちゃんと視認しやすいので、ぴったりとしたウェアにはちゃんと意味があったんだなと自分が習い始めてようやく理解できました。ROOMに入れたレギンスは値段安いのに作りがしっかりしていて、カラーバリエーションも豊かなので色違いで買い。

room.rakuten.co.jp

スタジオが生活圏内や通勤圏内に多いこと、オンラインレッスンが充実しているのでいつものクラスがどこからでも受講できるというのが嬉しくてスクールに通い始めたのですが、平日は在宅仕事を一時中断してレッスンを受けて仕事に戻り、お休みの日はスタジオに行って体を動かす、というのが生活のルーティンになりつつあり、仕事の合間のかなりいい気分転換になっています。23年もいっぱい体を動かしてかわいいトレーニングウェアを増やすぞ、という気持ちです。

ネイルカラーたち

新春のおシャネルのテラロッサから始まり、ネイルエスのコレクションまで、今年もいくつか束の間の休息的に楽しませていただきました。

バタバタしていてすっかり写真を忘れていましたが、ホリデーシーズンのcheminee de noelにもお世話になりました。爪がすぐ紫色になってしまうので、特に冬場は(ちゃんと健康そうな色味に見せる意味で)ネイルが欠かせないので、温かみのあるカラーはかなり重宝します。

目下の悩みはネイルカラーの収納ですが、それもまた楽しい悩みですね。こういうことだけ悩んで生きていたいものです。


今年は少し気が滅入ってしまうような出来事が公私ともに多くて少し大変だったんですが、来年はもう少し穏やかに過ごせるよう、暮らしを整えたりお金を使っていきたい気持ちです。


*1:もちろん事前にテーブルの寸法を測って、テーブルの高さに対して座面がどのぐらいの高さにあればちょうど良いか、みたいなのはちゃんと計算しましたが、木目の出方や色味は一つ一つ違うだろうし、テーブルの経年変化が進んでいるので合わないこともあるかもなーと思っていた。

*2:900 * 700 サイズを使っています。

Cafe Table 900×700 | オーク/ウォルナット無垢材 【最大5年分割手数料無料】greeniche.jp

*3:スツール60が2023年に値上がりするというのを知ったのもあります。